2010年05月15日

小さなRNAが関節炎抑制=世界初、マウスで確認-成育医療研究センター(時事通信)

 たんぱく質合成に関与しない小さなリボ核酸(マイクロRNA)の一つが、生物の発生段階での骨格形成と、成長後の関節の老化防止の双方に重要な役割を果たしていることを、国立成育医療研究センターの浅原弘嗣部長らの研究グループが突き止めた。このRNAが多いマウスは関節炎になりにくかった。米科学誌ジーンズ・アンド・デベロップメント電子版に13日発表した。
 老化に伴う疾患に直接関与するマイクロRNAの機能の発見は世界初で、新たな治療法の開発が期待されるという。
 研究グループは、300種類ほどのマイクロRNAのうち、関節に存在する「miR-140」に注目。遺伝子操作でこれを持たないマウスをつくったところ、大きな異常はないものの、手足が短い、鼻が低いなどの特徴があり、マイクロRNAが発生段階で体の形成を微調節しているとの従来の仮説に合致していた。
 さらに、成長した後、早期に関節炎を自然発症することが分かった。この関節炎は、関節の軟骨組織が壊れて痛みや運動障害を起こす人の変形性関節症に発症メカニズムが非常に似ているという。
 逆に、miR-140を普通より多く持つマウスをつくったところ、関節炎になりにくかった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
iPS特許、米社にライセンス=海外は初、京大の知財管理会社
殺処分対象、3万頭に迫る=豚でまた口蹄疫疑い
視床下部遺伝子を網羅解析=精神疾患解明に期待
アジアのウイルスと近似=宮崎の口蹄疫

医療版事故調の早期設立求め集会(医療介護CBニュース)
日本人脱北支援者がノンフィクション刊行 飢餓からの逃避行、詳細に(産経新聞)
<春の叙勲>皇居で大綬章授与式(毎日新聞)
民主党 企業・団体献金「党本部」禁止触れず(毎日新聞)
<送る会>ばばこういちさん=6月4日・東京のホテル(毎日新聞)
posted by ウエキ ヨウジ at 18:28| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

人-妻3人相手にしてきたけど、マジやっべぇな!!!!
フェラ-チオ×アナ-ル×ディープキスの三点攻めで、オレ喘ぎまくりだっつの!!
しかも3人合わせて18万ももらえたぜぇぇぇ!!(゚∀゚)
http://imageoff.net/eken/nr-ks34/
Posted by 飢えた主婦は野獣だな! at 2010年05月16日 09:41

いつもはSのお姉たまやけど、昨日はドM女にチンチン買ってもらったで!
尺八させて顔に精○ぶっかけたら、めちゃ喜んでたわ(笑)

てかこのサイトって変☆態☆女しかおらんのかい!!wwww
http://SpecoVer.com/topo/7tqqms8/
Posted by ダメな女の子ばかりやなwww at 2010年05月25日 07:03
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。